萠美チェリッシュこども園

メニュー

萠美チェリッシュこども園

子どもたちを
しっかりと教育すること

成長していく子どもたちにとって、人や自然から優しさを学び、考え、知恵を持ち、行動できることが大切であると思います。当園では体を鍛えること・感性を養うこと・ひとり一人個性を伸ばし、知識を吸収する素養を育てることが大切であると考えています。

1日の生活の流れ

1日の生活の流れ

園児たちを中心にして
指導を行っています

毎月の行事

交通安全指導、避難訓練、お誕生会
身体測定、食育指導など

外部講師による指導内容
  • 年長組・年中組(週1回)
  • 体育指導、学研指導(年30回)

年間の行事

年間の行事

子どもたちを
しっかりと保育すること

成長していく子どもたちにとって、人や自然から優しさを学び、考え、知恵を持ち、行動できることが大切であると考えます。そのために、当園では体を鍛えること・感性を養うこと・一人ひとり個性を伸ばし、知識を吸収する素養を育てることが大切であると考えます。

園創立50周年を記念し、平成17年竣工した、低年齢児保育室の船を模した園舎には、自然(海・陸・空)から賢く学び、巣立ってくれることを願い、一直線に大空へと伸びるモニュメントを設置しました。このモニュメントは、陶板を用い海底から空までを表しています。

保育・教育目標
  • くつろいだ環境の中で落ち着いた気持ちで生活する
  • 良いこと・悪いことを判断でき安全に生活する態度を養う
  • 人に対する優しさと、人に頼らずやり遂げる心を育てる
  • 身の回りの不思議さに気づき、“どうしてこうなるのか”を考える気持ちを養う
  • 言葉への関心を育て、喜んで話したり、聞いたるする態度を養う
  • 様々な体験を通して、感動や共感をさせ、工夫して“やってみよう”という気持ちを養う
  • 体や食べることに興味を持ち、生活に必要な習慣を培う

体づくり 水遊び、マラソンなど体を動かすこと、遊びを通して体力づくりができる遊具を用意しています。年長、年中組には、週一回講師を招き、基礎体力づくりのほか、巧緻性を高めるために、マット・鉄棒・組体操・縄跳びを行っています。
感性を養う 物を作ること、歌うこと、楽器を奏でることを通して、美しさ・嬉しさ・楽しさなど感情を素直に表現できることをねらい遊戯会、作品展で発表させています。年長、年中組には、講師を招き、ピアニカの演奏、鼓笛の演奏、和太鼓の演奏に取り組ませています。
個性を伸ばす 園の行事に参加し、自己表現ができると、子どもたちは達成感に満ち、以前と違った姿を見せるものです。日々の活動とは違った自分の能力に気づかせています。
知恵を育む 物事を考える基礎となる、3歳以下の子どもたちへは、読み聞かせを中心に言葉や想像力を高めること。年長、年中組には、読む、書く、数への興味を深め考えさせるため、年間30回の“学研ワクワクタイム”を行っています。

たのしく、おいしく食べる
を実践しています

  • 完全給食 ※3歳未満児は、午前おやつがあります
  • 食物アレルギーがある場合には、除去食を用意しています
  • 手作りおやつや季節の行事に合わせて行事食を実施しています

保育・教育時間について
保育・教育時間
7時~19時20分 1号認定児・・・・・・・9時~15時
2号・3号認定児
・標準時間保育・・・・・7時~18時
・短時間保育・・・・・・8時30分~16時30分
※前後の時間は延長保育を利用できます
延長保育

18時~19時20分

土曜保育

7時~18時

一時保育(一時預かり)

保護者が病院や出産、家族の看護等で緊急に保護が必要とされる子どもに対して、一時的に保育を実施

休業日

日曜日、祝祭日、12月29日~1月3日 ※1号認定児は、夏季・冬季・春季(希望者は保育を行います)

入園について
1号認定児

随時入園を受け付けておりますので、園まで直接ご連絡ください

萠美チェリッシュこども園について
沿革
昭和31年5月1日 児童福祉法の規定により、厚生労働省から保育所認可
昭和46年9月4日 社会福祉法人萠美の会設立認可
昭和48年度 鉄骨二階建て第一園舎新築。及び調理室の改築工事
昭和54年11月30日 鉄筋二階建て第二園舎完成
昭和62年3月24日 児童福祉法の規定により、定員を90名に変更し認可
平成15年 プールデッキ完成
平成17年3月31日 鉄筋二階建て低年齢児保育室増築
概要
敷地面積 1642.68平方メートル
建物 第一園舎:活動室・鉄骨二階建て
第二園舎:保育室・鉄筋二階建て
第三園舎:低年齢児保育室・鉄筋二階建て
調理室
専用駐車場
昼食 完全給食
アクセス

所在地:埼玉県児玉郡上里町金久保1560